トップへ » 山本歯科について » 院長あいさつ・経歴 » 人と人とのコミュニケーションを大切にして

人と人とのコミュニケーションを大切にして

院長紹介私は大阪大学の歯学部でインプラントなどの補綴を研究しました。卒業後は、企業の診療所に勤務。そのあと、梅田にある診療所の所長となりました。

診療所の所長をしていたときは、4人のドクターが勤務していました。ドクターがたくさんいれば、それだけ大勢の患者さまを診ることができます。私自身もたくさんの症例を手がけることで、腕を磨いて自信をつけることができました。

でも患者さまの数が増えるほど、一人ひとりについて詳しい病状や治療内容を把握することが難しくなってしまうのです。これが本当に私の目指した歯科診療の形なんだろうか......、そんな疑問を抱え込むこともありました。

勤務医から開業への道
やはり私は自分の目指す治療がしたい。そのためには自分の歯科医院を持たなければいけない。そう考えて1992年に、難波で山本歯科医院を開業しました。

遠くの人も通院しやすいという理由で、開業の地には難波を選んだのですが、決して多くの患者さまを診たいというわけではありませんでした。たくさんの人が訪れる場所なら、私の治療方針に共感してくれる人に巡り会えるはず。そんな思いで難波を選びました。

幸い、たくさんの患者さまが私の治療方針に共感してくださいました。そして、私の理想の治療を支えてくれるスタッフや歯科技工士にも巡り会えました。現在では難波から心斎橋に移転しましたが、そういった一期一会の積み重ねが、現在の山本歯科につながっているのだと実感しています。


トップへ » 山本歯科について » 院長あいさつ・経歴 » 人と人とのコミュニケーションを大切にして


コールバック予約

PAGE TOP