トップへ » 治療について » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントインプラント治療には、抜歯してすぐにインプラントを埋め込む即時埋入法、1回の手術で接続部品の装着まで行う方法など、さまざまなパターンがあります。ここでは代表的な「2回法」と呼ばれる治療の流れをご紹介します。

【1】初診時のご説明
インプラント治療の流れ、治療によって改善が期待できること、治療期間や費用などについてご説明します。
下へ

【2】精密検査
歯の型取りやレントゲン撮影など、診断に必要な検査を行います。インプラント治療にはお口の中全体の状態が大きく関わってくるので、歯周病の検査なども行います。
下へ

【3】診断・治療計画の説明
精密検査から得たデータを元に診断。インプラント治療の計画を立て、詳しい治療内容やリスク、治療が終わったあとのメンテナンスについてまで、詳しくご説明します。
下へ

【4】インプラント埋入手術
専用の器具を使って、顎の骨にインプラントを埋め込みます。ケースによって異なりますが、手術は1本につき30~60分程度で終わります。手術後の日常生活の制限などもとくにありません。
下へ

【5】保定期間
埋め込んだインプラントが顎の骨としっかり結合するまで、しばらく時間をおきます。だいたい上顎で4~6か月、下顎で2~3か月です。
下へ

【6】義歯製作
手術跡の歯肉が治ったら、義歯を作るための型を取ります。その型を元に、インプラントに取りつける義歯を作っていきます。
下へ

【7】アバットメントの装着
顎の骨に埋め込んだインプラントに、義歯を取りつけるためのアバットメントと呼ばれる部品を装着します。
下へ

【8】義歯の装着
最終的な義歯を装着します。
下へ

【9】経過観察・メンテナンス
取りつけた義歯が機能しているか、噛み合わせなどをチェックします。インプラントは、ブラッシングなど毎日のケアをきちんと行っていれば一生使えます。より長くお使いいただけるよう、歯磨きの指導や定期メンテナンスを行っています。


トップへ » 治療について » インプラント » インプラント治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP