トップへ » 治療について » 審美歯科 » 当院の審美歯科治療

当院の審美歯科治療

審美歯科審美歯科治療でもっとも多いのは、「金属の色が目立つ被せ物を、白く美しいセラミック製に変えたい」という患者さまです。被せ物の交換は、審美歯科の中でもわりと簡単にできる治療です。でも、セラミック製なら何でもいいというわけではありません。

被せ物のできがよくないと、噛み合わせがおかしくなってしまいます。すると、食べ物がしっかり噛めなくなったり、頭痛や肩こりの原因になったりします。いくら見た目が美しくなっても、お口の機能を損なってしまっては本末転倒です。

日本トップクラスの技工士に依頼
当院では、被せ物を作る歯科技工士にもこだわりをもっています。当院が全幅の信頼をおいている歯科技工士に制作を依頼。しかも依頼する際は打ち合わせをしっかりと行い、納得いくものが完成するまで、何度でも手間を惜しまず連絡をとっています。

歯科技工士にも、得意な分野とそうでない分野があります。当院では前歯のさし歯を作る際には、日本で一番大手といわれる和田精密歯研に発注。その社内でも「スーパーテクニシャン」と言われている木村好秀さんに製作をお願いしています。

和田精密歯研の木村好秀さんの詳細記事へ

歯科技工士と二人三脚で治療
奥歯の場合は、天満歯研の坂越弘和さんが担当しています。坂越さんは、丈夫で割れにくい被せ物を作ることにかけては定評のある人。患者さまの健康を支えられるだけの、しっかりと噛める奥歯を作り出しています。

何度打ち合わせを繰り返しても、歯科医師と同じ感覚を持って製作に臨んでくれる歯科技工士でなければ、本当によい被せ物や詰め物は作れません。だからこそ、現在お願いしている歯科技工士には全幅の信頼をおいているのです。歯科医師と歯科技工士がまさに二人三脚のようにタッグを組んで治療にあたっています。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » 当院の審美歯科治療


コールバック予約

PAGE TOP