トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯

虫歯

一般治療お口の中にはさまざまな細菌が棲んでいます。その中でも虫歯の原因となる細菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分が栄養。そして細菌は、摂取した糖分を分解して、歯を溶かす酸を作り出すのです。

虫歯とは、その細菌の作り出した酸によって歯が溶かされた状態のこと。虫歯の原因となる細菌には、有名なミュータンス菌をはじめさまざまな種類があります。菌の種類によって、虫歯の進行度合いも変わってきます。

虫歯の進行
歯の表面を覆っているエナメル質には神経が通っていないので、ごく初期の虫歯では痛みを感じることはありません。その内側にある象牙質は、エナメル質よりも柔らかくなっています。そのため、虫歯が象牙質に達すると短期間で進行してしまいます。

象牙質の内側は、神経が通っている歯髄。虫歯が歯髄にまで達すると、水が浸みたり痛みを感じたりするようになります。さらに症状が進むと、周囲の歯肉が炎症を起こし、激痛を感じることもあります。

虫歯の治療
虫歯の治療では、酸によって溶かされてしまった歯の部分を取り除いて、詰め物や被せ物をします。ごく初期の虫歯なら、1回の治療で完治することも。ですから虫歯は、なるべく早く発見して早く治療することが大切なのです。

虫歯の治療のほとんどは、保険診療で行われます。しかし、詰め物や被せ物に使う材料によっては、保険診療ではなくなってしまうこともあります。ただ虫歯を治すのではなく、できるだけ体にやさしい材料を使いたい、長持ちする材料を使ってほしい、治療跡の見た目にもこだわりたい、という方には、自費診療でも対応しています。


トップへ » 治療について » 一般歯科 » 虫歯


コールバック予約

PAGE TOP