トップへ » 治療について » 一般歯科 » 歯周病

歯周病

歯と歯ぐきの間には、歯周ポケットと呼ばれる隙間があります。歯周ポケットには歯垢(プラーク)と呼ばれる汚れが溜まりやすいのですが、歯垢は細菌にとって格好の住み処。その細菌によって周囲の歯肉が炎症を起こした状態が歯周病です。

歯垢はやがて固まって歯石となり、歯周ポケットをどんどん押し広げていきます。そして細菌もどんどん繁殖し、炎症を起こすだけでなく、やがて歯の根や歯を支える骨まで溶かしてしまいます。歯周病が進むと歯がぐらついてきて、重度になると自然に歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病の治療
初期の歯周病なら、歯垢や歯石を取り除き、正しいブラッシングを毎日続けることで症状が改善します。中期でも基本的な治療方針は同じで、炎症を抑える薬などを服用することもあります。ですが、重度になると外科手術が必要になることもあります。

歯周病は重度になるまで、ほとんど痛みを感じることがありません。でも大切なのは、できるだけ初期に発見して治療をすること。歯が腫れている、口臭が強くなったなどの変化を感じたら、すぐに歯科医院で治療を受けましょう。


トップへ » 治療について » 一般歯科 » 歯周病


コールバック予約

PAGE TOP