トップへ » 山本歯科が選ばれる理由 » 感染対策 » ディスポーザブルの器具を使用

ディスポーザブルの器具を使用

感染対策唾液や血液に無防備に触れてしまうとどうなるのでしょうか。場合によっては、B型・C型肝炎や後天性免疫不全症候群(AIDS)など、治療の難しい全身疾患に感染してしまうこともあるのです。だからこそ歯科医院では、感染症対策が必須です。

当院では可能な限り、ディスポーザブル(使い捨て)の器具を使用しています。具体的には、コップやエプロンをはじめ、治療用手袋、注射針などが使い捨て。一度使ったものをほかの患者さまに使用することは絶対にありません。

オートクレーブ
感染対策当院では治療器具の滅菌に、オートクレーブと呼ばれる機器を使っています。これは高温高圧の蒸気を吹きかけて滅菌するものです。

オートクレーブの内部は130度の高温になるので、ほぼすべての細菌やウイルスが死滅します。ピンセットやミラー、歯根部分の治療に使うリーマーやファイルといった非常に小さな器具も、すべてを滅菌しています。絶対に感染症を起こさないように配慮しています。


トップへ » 山本歯科が選ばれる理由 » 感染対策 » ディスポーザブルの器具を使用


コールバック予約

PAGE TOP